ファッション・アクセサリ

プリンセス・テンコー イリュージョン失敗

PRINCESS TENKO プリンセス・テンコー イリュージョン失敗 公演中止イリュージョン失敗 公演中止  世界的イリュージョニストとして知られるプリンセス・テンコーこと2代目、引田天功さんが機材トラブルでイリュージョンに失敗、強度の全身打撲で公演中止となっていたことが23日、分かった。自身の公式ウェブサイトで、所属事務所が発表した。 発表によると、トラブルが発生したのは22日の福井県鯖江市の「プリンセス天功スーパーイリュージョン 2007サマーツアー」の昼公演。天功さんは高さ200センチ 幅100センチ 奥行60センチの金属製の箱に入り、刃渡り10センチの金属製刃物20本を箱に次々と突き刺した後に脱出するという「決死のスパイクイリュージョン」という演目で、天功さんは脱出の際に本来なら箱に突き刺さるはずの刃物と激突したという。 機材のトラブルとみられ、「あと1センチで右目に剣が突き刺さる状態」だったという。天功さんは事故後、30分間は公演を続行したものの、異変に気付いたスタッフが公演を中止。自家用車で市内の病院に運ばれた。発生当時、天功さんは一人で歩けず、事故については「記憶がない」としている。 天功さんは強度の全身打撲で頭部、胸部、腹部に強い痛みが残っている状態で、同日夜の公演は中止となった。今後の公演については対応を検討中で、「詳細はホームページなどで発表する」としている。

Ws000012

Ws000011

Ws000016

Ws000014

Ws000015

テンコー PART1

テンコー PART2

| | コメント (0) | トラックバック (3)